必要な段ボールの数は?|下松市での引越しのコツ

最終更新日:2019年5月13日

引越しのときに必要な段ボール数ってわかりますか?
「引越しのときにしか段ボールは使わない」「段ボールが余ると邪魔になる」と思う人はいるのではないでしょうか。
基本的に段ボールは引越しのときにしか使う機会がなく、余分に準備したくないものです。
にもかかわらず、家族構成や家の間取りによって必要な数はかなり変わります。
確実に必要な段ボールの数を知るには、引越し業者に訪問してもらって見積もりをお願いすることが1番早いでしょう。
しかし、引越しの忙しいときに段ボールの数を見積もるだけで引越し業者を呼ぶことは面倒ですよね。
そこで引っ越しのときに必要な段ボールの数の目安を紹介します。
 

□引越しする人数は?

 

引越しする人数によってどれだけ変わるか紹介します。
必要な段ボールの数
1人の場合は段ボール10~15枚
2人の場合は段ボール20~30枚
3人の場合は段ボール30~50枚
4人の場合は段ボール50~60枚
これが必要な段ボールの平均数になります。
1人あたり10~15枚が目安と考えておきましょう。
従って5人の場合は80枚を超える可能性もあります。
「本当にこんなに必要?」と思うかもしれません。
しかし、今まで購入したときにもらった紙袋の数や配達してもらった段ボールの数を想像してください。
かなりの数になりますよね。
 

□家の間取りは?

 

次は家の間取りによってどれだけ変わるのか紹介します。
必要な段ボールの数
ワンルームの場合は0~10枚
1K~1LDKの場合は10~15枚
2K~2LDKの場合は20~30枚
3K~3LDKの場合は40~50枚
4K以上の場合は50枚以上
これが必要な段ボールの平均数なります。
1部屋あたり10枚が目安と考えておきましょう。
 

□家族構成は?

 

一般的に男性より女性の方が必要な段ボールの数は多くなる傾向があります。
理由は女性の方が衣類や小物類の数が多いからです。
また、同居している子供の年齢によっても変わります。
子供が小さい場合は衣類のサイズが小さく、種類も少ないでしょう。
しかし、子供が中学生や高校生の場合はサイズも大きくなり、種類も増えてきます。
従って、家族構成についても必要な段ボールの数を考えるときに頭の隅には置いていて欲しい要素です。
 

□まとめ

 

以上、引越しのときに必要な段ボールの数の目安を紹介しました。
意外にも必要な段ボールの数が多いことに驚かれたのではないでしょうか。
段ボールは買うと意外と高いです。
しかし、引越し業者から無料でもらえることが多いです。
そのため、間取りや引越しする人数を考えて、引越し業者に依頼しましょう。

メールでのお問い合わせ
お問い合わせは電話が便利!お電話ください!
0833-44-3950 (9:00-18:00) ※火曜日は店休日
お名前[必須]

(姓)  (名)

ご連絡方法[必須]

※いずれか一つはご連絡方法をご記入ください。

メールアドレス:(半角英数字)

電話番号: (半角英数字)
ご希望の時間帯:

FAX: (半角英数字) 

お問い合わせ内容[必須]

その他、ご希望条件・ご質問、物件見学希望日などがございましたらご記入ください。(500文字以内)

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「送信」ボタンをクリックして下さい。


物件サーチ こちらから詳細検索が可能です

アクセスランキングみんながよく見ている物件

リンク