下松市へ引越しをお考えの方へ、必要な段ボールの数と梱包のコツ

最終更新日:2019年3月15日

引越しのことで分からないことがある人も多いです。
引越しで一番大変なことが荷物の梱包です。
しかし、荷物の梱包もただすれば良いというわけではありません。

下松市に来たときに、何も考えずに梱包していると荷ほどきが大変です。
また、業者に頼む場合は荷物の量に合わせて、ある程度段ボールをもらえますが、自分でする場合は段ボールも用意しなくてはいけません。

余分には用意したくないので、おおよその必要な数が分かっていると余計な手間を省けます。
必要な数は、部屋の広さや荷物の量で変わってきます。
そのため、同居人数よりもどれだけ荷物があるかを把握することが大切です。
引越し前には不用品は処分するなど、物を減らしておくと楽になるので、持っていくものとそうでないものを選定する必要があります。

荷物の梱包をするときは自分で段ボールを用意する場合、だいたいの大きさを揃えた方が良いです。
荷物の搬出に時間がかかったり、トラックなどに積めたときに荷崩れの原因になります。
入れる物によってサイズは変わってきますが、大きいサイズなら衣類などの軽いものを入れて、小さいサイズなら本などの重たいものを入れます。
重いものをたくさん入れると持ち上げるのが大変だからです。

梱包を始めるときは、まずは部屋ごとの普段は使っていないものから行います。
引越し当日まで必要なものほど後で梱包することで、生活に支障が出ないようします。
使うか分からないものは、詰めても蓋を閉めないようにすることで、必要なときにすぐに取り出せます。

できるかぎり、新居での同じ配置場所どうしのものを一緒に入れます。
そうすると、荷ほどきのときに色々な段ボールから出しては配置するよりも手間を省けます。
また、普段使ってないものは荷ほどきも後にできるので、とりあえず必要なものだけを取り出せたら新生活もスムーズに始めやすいです。

梱包したらしっかりと入れたものを分かりやすく書いておくことも大切です。
どこに何が入っていたか一目で分かると、荷ほどきしやすいからです。どこの部屋に配置するかも書いておくと便利です。

ガムテープで箱を閉じる場合も注意が必要です。
とくに重いものが入っている場合は、底を十字にしてガムテープをはると良いです。
重いものは持ち上げたときに底が抜ける可能性があるからです。
ちょっとしたひと手間で、中のものを落として壊すことも防げます。

梱包のコツで大切なことは、新居に行った時になるべく手間がかからないようにすることです。
同じ部屋のものごとにすることで、まずはそこに必要なものが入っている段ボールを置けるからです。

メールでのお問い合わせ
お問い合わせは電話が便利!お電話ください!
0833-44-3950 (9:00-18:00) ※火曜日は店休日
お名前[必須]

(姓)  (名)

ご連絡方法[必須]

※いずれか一つはご連絡方法をご記入ください。

メールアドレス:(半角英数字)

電話番号: (半角英数字)
ご希望の時間帯:

FAX: (半角英数字) 

お問い合わせ内容[必須]

その他、ご希望条件・ご質問、物件見学希望日などがございましたらご記入ください。(500文字以内)

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「送信」ボタンをクリックして下さい。


物件サーチ こちらから詳細検索が可能です

アクセスランキングみんながよく見ている物件

リンク