引っ越しにまつわる近隣とのトラブルは?下松市の業者が解説

最終更新日:2019年1月22日

引っ越しにまつわる近隣トラブルとはどのようなものがあるのかというと、色々とありますので、下松市の業者が詳しく解説していきます。まず特に多いのが、騒音に対する配慮が全くないという点です。
大量の荷物を運び出すので、当然物音は出てしまいます。

 

さらに業者の人が大声で荷物の搬入に関する指示を出す事もありますし、子供がいれば大はしゃぎする可能性もあります。
こうした物音や騒音は近隣の人たちにとっては迷惑です。

 

そこで大切なのがあいさつ回りです。

当日でも2~3日前でも良いので、菓子折りの1つでも持っていき、「当日は少しうるさくなりますがご勘弁下さい」と一言かけるだけでトラブルは容易に回避する事が出来ます。

 

また荷物を梱包する時に出たゴミ等を片付けないまま出て行ってしまうというのもトラブルの原因です。
引越しでは沢山のダンボールを使用します。
当然梱包する時にテープやロープも多く使用し、不必要な物は全てゴミになります。
そのゴミを掃除しないでいなくなってしまえば、近隣の人が気持ちよくないのは明白です。

 

そこで引っ越し後、当日中にゴミ袋を持って戻り、ごみが落ちていないかをチェックする事が重要です。
マンションだったら、共用のスペースや廊下、階段をチェックし、一軒家の場合は家の前の道路にごみが落ちていないかをチェックしましょう。

 

こうしたゴミは業者がきれいにしてくれる場合が多いですが、それでも全て拾いきれずに紙くずやダンボールの切れ端等が残ってしまう事もあります。
こうした小さなゴミもきれいに取り除いておかないと、後からクレームをつけてくる人がいるので注意が必要です。

 

それから引っ越しの作業中にマンションの廊下で住民とすれ違っても、挨拶もせずに無視して通り過ぎるというのもトラブルの元なのでやめましょう。
作業中は、共有スペースや廊下を何回も往復します。
その間に近隣住民の人と顔を合わせる事も出てきます。そうした時は軽く会釈するなり挨拶をしないと、印象はかなり悪いです。
その為、どんなに忙しくてもすれ違ったら、例え知らない人でも挨拶する事が大切です。

 

あとマンションの廊下や共有スペース、近隣住民の人が住む家の壁を傷つけても、何もしないというのはよくありません。
作業中に荷物が壁に当たって傷つく事も考えられます。

 

もちろん業者も気をつけてやっていますが、それでも傷が付いてしまう事があります。
そういう時は例え自分がやった訳ではないにしても、謝罪しておいた方が良いです。
「業者がやったのだから自分は関係ない」という態度では相手からは不満が出ます。
その後の損害は業者が補償してくれるので、とりあえず謝っておいた方が無難です。

メールでのお問い合わせ
お問い合わせは電話が便利!お電話ください!
0833-44-3950 (9:00-18:00) ※火曜日は店休日
お名前[必須]

(姓)  (名)

ご連絡方法[必須]

※いずれか一つはご連絡方法をご記入ください。

メールアドレス:(半角英数字)

電話番号: (半角英数字)
ご希望の時間帯:

FAX: (半角英数字) 

お問い合わせ内容[必須]

その他、ご希望条件・ご質問、物件見学希望日などがございましたらご記入ください。(500文字以内)

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「送信」ボタンをクリックして下さい。


物件サーチ こちらから詳細検索が可能です

アクセスランキングみんながよく見ている物件

リンク